ご自宅で、鍼灸マッサージやリハビリが健康保険内で受けられる訪問マッサージです。

脊柱管狭窄症の例

フリーダイヤル(FAX) 0120-472-583

受付時間:午前9:00~午後7:00。
訪問地域:池上・矢口・下丸子・蓮沼・蒲田・千鳥・久が原・雪谷近郊。

脊柱管狭窄症の例

当院では、患者様全体の約半分の方が、
脊柱管狭窄症をお持ちです。
以下に施術の基本的な流れをご説明致します。

①腰部から足へのマッサージ
痛みやしびれを和らげる目的で行います。
むくみが酷い方、足がいつも冷たい方、様々な方が
いらっしゃいます。
マッサージをすることで、だんだんと血行が良くなり、
痛みも和らいできます。

※場合によっては、鍼灸(しんきゅう)を併用することもあります。

お灸を背中にしています。
上の写真は、背中にお灸をしているところです。
熱くなれば、取ってしまうので安心です。
足の甲に鍼(はり)をしています。
上の写真は、足の甲に鍼(はり)をしています。
この後、腰など数箇所に鍼(はり)をしていきます。
モデルのSさん(80代女性)は、時間は掛かったものの、
酷い腰痛から回復されました。
鍼灸(はりきゅう)をした後は、身体全体が軽くなるそうです。
毎回、そう仰っていただけて、私の方が嬉しいです(笑)

②足を動かします。
まずは、無理のない範囲で、足を動かしていきます。
足首・膝・股関節は歩くために非常に重要な関節です。
柔らかく保つ目的で、ストレッチを取り入れながら
動かしていきます。

③腰のストレッチ。
寝たままで出来る、腰のストレッチも取り入れます。
その他、普段ご自分で出来るストレッチや
ちょっとした体操もアドバイスさせていただいています。

少しでも快適に過ごしていただけるよう、
お手伝いをさせていただきます。

お問い合わせ

「ウチの場合はどうかしら・・」
「こんなこと聞いてみたい」
「ぜひマッサージしてもらいたいんだけど・・・」
など、何でも結構です。

それぞれのご家庭で、それぞれのご事情があります。
そういった点も遠慮なく、お知らせ下さい。

もちろん、業務上知り得た情報は、
一切口外いたしませんので、ご安心ください。

※定休日は、日曜のみです。
「定休日は?」←のブログを参考にどうぞ。

ご縁に感謝致します。
どんなことでも構いません。お気軽にどうぞ。

親にやっていた肩たたき。そんな温もりを大切にします。

フリーダイヤル(FAX) 0120-472-583

「ホームページを見て・・」とお電話下さい。

※自転車での移動中、また、マッサージ中は、
電話に出ることが出来ません。
大変申し訳ありませんが、
その際は「留守番電話」にて対応させていただいております。

お手数ですが、

①お名前
②お電話番号
③ご都合の良い時間帯など

をお知らせください。
なるべく早くこちらから連絡させていただきます。

メールでもお問い合わせを受け付けております。

ご不安な点、疑問点など、いろいろご心配なことも
あるかと思います。
喜んでお答えいたしますので、細かいことはお気になさらず、
どんどんお送り下さい。

※メールは、以下のメールフォームよりご入力下さい。

メールフォーム(まじめ治療院への問い合せ・無料体験申し込みはこちらへ)

※メールでのご相談も無料です。
また、業務上知り得た個人情報は
「一切口外致しません」ので、ご安心ください。

※せっかくメールを送信していただいても、
こちらに届かないケースがあるようです。
「2日経っても何の連絡も無い場合」は、
お手数ですが電話かFAXを
ご利用くださるようお願い致します。

※また、送信せずに確認画面で終わらせてしまう
場合もあるようです。
ぜひ、送信までの操作をお願い致します。

※最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まじめ治療院 院長 山崎達也

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional