ゼロからの整体師でも、経験を積んだ整体師でも

毒か薬か

毒か薬か

巷には様々な治療法が溢れています。
治る人は治るし、治らない人は何をやっても治らない
西洋医学、東洋医学に含まれる鍼灸。

マッサージ、カイロプラクティック、整体などの手技療法、

薬やサプリメント、健康器具に運動や食事療法などの健康プログラム、、、

一体そのうちのいくつをやれば、病気が治るのでしょうか?

ーーー

さて、沢山の治療法がある中で、一番大事なポイントは

一体何だと思われますか?

一番は手術が早い

薬で大体は解決するよ

食事が一番

運動するのがやっぱりいいんだよ

色々な意見があるでしょうし、実際にそれで治った

と主張する人もそれぞれに沢山います。

だからこそ人々は迷い情報に振り回されるのですね。

ーーー

まず、抑えておきたいポイントのひとつは

『誰かにとって良かったものが、あなたにも良いとは限らない』

ということです。

例えが適切でないかも知れませんが、

「この辺で美味しいラーメン屋さんある?」

と聞かれたあなたは、自分で美味しいと思うラーメン屋さんを

紹介したとしましょう。

ところが、そのラーメンを食べて美味しいと感じるかは、

その人次第です。

こちらがコントロールできるものではありません。

健康についても似たようなことが言えます。

同じ治療法で

誰かが治っても、あなたは治らないかも知れません。

逆に

あなたが治った治療法などが、他の人にも100%

効くという保証はどこにもないのです。

ーーー

ともすると私たちは、

病院で診てもらうべき

手術をするべき

薬を飲めば良くなる

鍼灸が良いよ

整体で治してもらった

という治療法の話をしがちです。

つまり、

「自分の外の話」

ばかりをします。

でも、様々な治療法があって、それぞれに治る人、

治らない人がいる、ということは、

ある仮説が成り立ちませんか?

それは、問題は外にあるのではなく、内側、内面の

問題である、ということにはならないでしょうか?

『どんなつもりで治療法を受けたり、実践したりするのか』

治る治らないを決めているのは、実はここなのではないでしょうか?

ーーー

質素なおにぎりひとつが、気持ちの良い外の景色の中で

食べると、この上ないご馳走になるように、

人はどんな心もちで物事を受け取るかで、

物事のあり様を変えてしまいます。

プロポーズをする男性が印象的な場面を創りだそう

とするのはなぜでしょうか?

お気に入りのレストランでプロポーズするのと、

時間がない中でのファストフード店での

プロポーズではどんなに印象が違うでしょうか・笑

ちょっと極端な例を出しましたが

どんなに良い

手術

サプリメント

手技療法

カウンセリング

があったとしても、受け手の態度、心もちひとつで

それは「毒にも薬にもなる」ということではないでしょうか。

人間は無限の可能性に溢れています。

自分で取り込んだものの意義すら変えることが

当たり前に可能だとしたら、どうでしょうか?

あなたはどんな選択をしますか?

コメント


認証コード5819

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional