「この人を救いたい」と思いながらも方法が分からずに苦しんでいるあなたへ

大きな目覚まし

大きな目覚まし

小さい目覚ましで起きられる人、それでは無理な人。
大きな目覚まし
それぞれいるでしょう。

”病気は目覚まし時計”

のようなものということを書きました。

小さい音で起きられなければ、目覚まし時計としての
体はあなたに気づいてもらうために、音を大きくします。

つまりそれは、

・症状が酷くなる
・動けないくらいになる

ということで現れてきます。

またしっかりと目覚ましを止めない限り、
また目覚ましは鳴り出します。

それは別な場所や別な症状として病気が
現れる、ということで表現されます。

その場合、新しい病気に罹ったというよりは、
何か対処法が間違っていた、やり残したことがある、
という風に捉えてみてはいかがでしょうか?

コメント


認証コード4572

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional